常に初心を忘れず誠実な対応
納税義務者の信頼に応え、企業の発展に貢献します。
理念中央旭税理士法人は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念に沿って、納税義務者の信頼に応え、企業の発展に貢献します。
基本方針

1.職務の公共性を自覚し、独立公正の立場で職務を遂行します。
2.法令・実務に精通するよう研鑚を積み、サービスの向上に努め、納税義務者の信頼に応えます。法人概要

法人名 中央旭税理士法人
代表社員 川地 正章
社員税理士 櫻井 淳子
所属税理士 小出 修 小林 政彦 石川 剛
事務所所在地 〒460-0002 名古屋市中区丸の内1丁目9号11番 丸の内伏見通ビル9階
電話番号 052-228-0088
FAX番号 052-228-0058


CHUO ASAHI 中央旭税理士法人 ロゴマークの意味
旭の頭文字「A」をモチーフに、旭が昇る様子をシンボルマーク化。
“はじまり”を象徴する言葉である「旭」は、常に初心を忘れることなく
丁寧で誠実な対応を心がけることを意味しています。

長い歩みのなかで育んできたものは、クライアントの皆様からの厚い信頼。

1945年 林錥三会計事務所開業   1951年 公認会計士・税理士
伊東惟芳が事務所を開設
1951年 公認会計士・税理士登録により
税理士業務と監査業務を併営
  1969年 監査法人伊東会計事務所に
組織変更し監査業務を行う
1968年 監査法人東海第一監査事務所を設立し
監査業務部門を分離
  1987年 提携税理士事務所を設立
1970年 公認会計士・税理士木下鎬二郎が
事務所を継承
 

2002年

中央伊東税理士法人に組織変更
2002年 中央旭税理士法人に組織変更      

2004年1月

中央旭税理士法人と中央伊東税理士法人との合併により
中央パートナーズ税理士法人となる

2013年9月 新たに中央旭税理士法人を設立する